JSAの世界へようこそ

JSAボールエクササイズ

JSAは無駄なストレスから身体を開放させるボールエクササイズです。
むやみに身体を鍛えるのではなく、動きの機能を向上させます。
JSAはその人にとって最高の身体の状態を追求します。
それは、日常の気づけないストレス性の緊張を取り除き、
その人本来の充分な能力を発揮できるように導くことになります。
緊張しきった筋肉をいくら鍛えても効果はとても少ない。
ボディービルダーの長い経験から身をもって分かったからこそ、JSAが生まれました。

JSAボールエクササイズとは?

JSA : ジョイント・スケーティング・アプローチ

開発者:中尾和子・田口幸三郎

 JSAは筋肉ではなく関節包と関節包内にアプローチするエクササイズです。

 身体は200余個ある関節に支持され、筋活動によって運動と静止をしています。すべての関節は関節包という袋に包まれています。この関節包の内面から滑液が分泌され、関節面のすべりを良くしたり、関節軟骨に栄養を供給しています。また、関節包には神経も多くめぐらされており、関節の動いている方向や速度、また静止している位置などの情報を中枢神経に送り、関節の動きを制御(コントロール)しています。

 ですから、この関節包が緊張すると、当然、関節の内部と外部の調節ができず、関節の充分な機能は得られなくなります。関節包の緊張を解かない限り、関節はなめらかに動けないのです。また、相対する関節面は近づけたほうが滑液の働きによってすべりが良くなります。

 しかし、ほとんどの運動は筋力の増大、筋持久力や柔軟性の向上、神経筋の発達、協調性などを狙って、主に筋肉や神経に集中しています。 緊張した関節包や関節面相互の動きは無視し、筋力で関節を無理やり動かし、鍛えているのが現状です。

 では、なぜ関節包が緊張してしまうのでしょう?それは主に関節面相互の動き(関節包内)に何らかの支障をきたすからです。これは「関節機能障害」といわれていますが、この関節面相互の動きを整合化することを最近のエクササイズ、たとえばピラティスなどでも目指そうとしています。しかし、先ほども言ったように、あくまで関節包外の筋肉にばかりアプローチしているので、効果は思うように望めません。

JSAは関節包内に直接アプローチするので、関節包をゆるめ、関節面相互の動きをなめらかにする、
つまり整合化するので、驚くほどの身体の軽さが感じられます。同時に痛みが消失もしくは軽減します。

JSAはどんな運動?

小さなやわらかいボール(ソフトギムニク)を使って行います。

・ボールで関節を押圧し、関節の正常な構成運動を導きます
・簡単な動きなので、だれもが容易くできます
・エクササイズ後、驚くほど即効に動きの軽さを感じます
・痛みが軽減されます
・力を抜く術を学びます
・自重を利用するので非常に安全です

JSAエクササイズの方法

・関節を押圧する
・押圧したまま構成運動を行う
・押圧したまま他の関節運動を行う(筋強化・協調性・バランスなど)

<指導の重要ポイント>

力が抜けるように指導する 「待て」の動作では充分な時間が必要

 

<関節の軽さとは?>

スーツケースのキャスターがなめらかに回転しないと大変な労力を強いられますね。身体の関節はキャスターと同じです。関節の動きが悪いと、それだけたくさんの筋肉を動員しなければなりません。スルスルと関節がなめらかに動くことは、指1本でスーツケースを押せるのと同じで、身体が軽く感じられ、楽に動けることになります。いくら身体を鍛えてもこの関節の軽さは得られません。

JSAは無駄なストレスから身体を開放させるボールエクササイズです。
むやみに身体を鍛えるのではなく、動きの機能を向上させます。
JSAはその人にとって最高の身体の状態を追求します。
それは、日常の気づけないストレス性の緊張を取り除き、
その人本来の充分な能力を発揮できるように導くことになります。

緊張しきった筋肉をいくら鍛えても効果はとても少なく、ストレッチをいくら行っても筋はほぐれず痛みも軽減できなかった。 ボディービルダーの長い経験から身をもって分かったからこそ、 JSAが生まれました。

Joint Skating Approach
Copyright© 2010 NakaoClub All rights reserved.